植木業を学ぶ。 その3 〜オールドルーキー〜

0

     

    ————

     

    「よき人は常に初心者である。」

    マルティアリス

     

    ————

     

     

     

     

    ————

     

     あれは縦挽きを教わった頃です。短い木を挽けといわれたんで、安定が悪いから動かないようにカスガイを打ち込んだんですよ。気を回したつもりだったんですが、宝石の原石のような銘木ですから、それだけでもうパーです。
     もっとも、昔は今ほどは木が高くなかったし、もし小僧が失敗しても、それほど損害のない作業がいくらでもあった。お施主さんも笑って許したもんです。教育費のつもりでね。
     ところが今は、仮に弟子修業の子が入ったとしても、扱う木がみんな高価すぎて任せられない。つまり弟子を鍛えるだけの舞台がない。京都の数寄屋大工さんなんかも、同じことをいってますねえ。

    林 以一・著『木を読む 最後の江戸木挽き職人』

     

    ————

     

     

     

     鮫川農場大改造計画から、仲田種苗園社員育成計画に切り替わり

    シダレザクラ、イロハモミジの移植のための堀り取り、剪定、建て込みをおこないました。

     

     

     

     『木を読む』の著者の林以一さんがおっしゃっていたように、人の心の懐が暖かかった時代。

     前職の林業でも、ある程度の失敗は許されていたし、親方でもある恩師が失敗の責任はとってくれました。

     

     

     

     仲田種苗園の社員育成計画では、今まで学んできたものをやってよろしいとのことで、必要な箇所は社長の指示の元で進めて参りました。

     

     

    ————

     

    モノクロの写真は白川書院・出版

    『「植治の庭」を歩いてみませんか』の中の写真から。

     

     

     

    ————


      昭和27〜28年頃は、とりあえずひと山買っておけ、なんていう景気のいい人もいましたっけ。
      それだけに、木挽きもお施主さんも怖がらずに思い通りの木取りができたんですね。
      原価が安かったから失敗にも甘かった。「そうか、たいした杢は出なかったか。それなら一般の造作材に回せばいいや」っていうようなもんで。そうやって数をこなすうちに目も自然と肥えてきたものです。
     ただ、今考えると、昔の銘木屋さんはそれだけじゃなかった。とにかく木に対して熱心でした。

    林 以一・著『木を読む 最後の江戸木挽き職人』

     

    ————

     

     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:565 最後に更新した日:2020/10/25

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM